ローリーの一人旅記録

航空会社の上級会員ステータスを生かした旅行とか、ホテルとか。

2019/09/XX SN2094 LHR-BRU A320 Y

QR007便にてLHR到着後、Heathrow Expressで市内へ。

 

chapel-hill.hatenablog.com

 

まずはTower Bridgeへ。

f:id:hickory19:20200229225505j:image

着いた時は、ちょうどブリッジが開閉するタイミングでした。
f:id:hickory19:20200229225157j:image

f:id:hickory19:20200229225237j:image
f:id:hickory19:20200229225645j:image

 

続いて、ウェストミンスターにある国会議事堂とビッグベンへ。

2021年までビッグベンは修繕工事中となっています。


f:id:hickory19:20200229225714j:image
f:id:hickory19:20200229225530j:image

 

この後King's College Londonでのコンサートに行くので、その前に軽く食事を。


f:id:hickory19:20200229225328j:image

コンサート後、この日はIHG系列のCrowne Plaza London The Cityに宿泊しました。

ロンドンはホテル料金が高いことで知られていますが、この時も多分に漏れず高騰していたのでポイントを使用して宿泊。

最安のstandard roomを予約していましたが、club room(ラウンジアクセスなし)へアップグレードされました。ロンドンのホテルでは、部屋が狭いことが多いので助かりました。

 

翌朝の部屋からの眺め。
f:id:hickory19:20200229225551j:image

 

翌日は朝のフライトで、LHRからBRUを経由してVIEへ向かいます。

まずは、ホテルを早めにチェックアウトしてtubeとHeathrow Expressを乗り継いでLHRへ向かいます。

 

terminal 2へ到着。
f:id:hickory19:20200229225114j:image

 

Star alliance gold会員ですので、fast laneでセキュリティを抜けて、朝食がてらLufthansa Senator loungeへ。


f:id:hickory19:20200229225342j:image

搭乗時間が近づくと、ゲートへ向かいます。
f:id:hickory19:20200229225618j:image

それでは搭乗。

まずは、BRUへ向かいます。

SN2094 LHR-BRU A320-200(OO-SNL)


f:id:hickory19:20200229225605j:image

出発が管制都合およびno-showのPAXのbaggageをオフロードすることとなり遅延したため、BRUには定刻13:15のところ13:36に到着しました。

 

ここでVIE行きのフライトに乗り継ぎますが、多めに時間を取ってありますので乗り継ぎには全く問題ありません。

2019/09/XX QR007 DOH-LHR A388 J

QR859便にてICNからDOHへ到着後、al mourjan loungeへ。

 

chapel-hill.hatenablog.com

 

しばしリラックスしたのうち、搭乗ゲートへ。

f:id:hickory19:20200223000735j:image

QR007 DOH-LHR A380-800(A7-APG)

QRA380には初搭乗です。

当初はA350-1000のQsuiteに搭乗予定でしたが、2週間ほど前に発生したship changeによりA380となりました。non-Qsuiteへの変更ですが、その変更の中ではA380への変更なのでまだマシと言えるでしょう。

 

upper deckに接続されたPBBから搭乗し、機内へ。

自席へ着席。
f:id:hickory19:20200223000645j:image

 

しばらくして、メニューが配布されました。

朝9:00発14:10着のフライトですので、1食目は朝食・2食目は昼食となります。


f:id:hickory19:20200223000621j:image

 

離陸して巡航開始後、サービスが開始されます。

まずは、パンの盛り合わせから。
f:id:hickory19:20200223000842j:image

スターターとして、フルーツの盛り合わせ。
f:id:hickory19:20200223000654j:image

 

メインとして、トマトとチーズのオムレツを選択。


f:id:hickory19:20200223000629j:image

 

朝早いフライトですので、軽めに食事は済ませて昼寝。

 

目が覚めてから、upper deckのビジネスクラス区画の後ろにあるonboard barへ。

軽くドリンクを。


f:id:hickory19:20200223000702j:image
f:id:hickory19:20200223000813j:image
f:id:hickory19:20200223000718j:image

f:id:hickory19:20200223000747j:image

 

到着前の昼食はサラダだけ軽くいただくことに。

とはいえ、このサラダもなかなかのボリュームでしたが。


f:id:hickory19:20200223000823j:image

 

London Heathrowには定刻14:10のところ、14:18に到着しました。

 

全体を通じて、negativeなship changeはあったものの、stresslessで快適なLondonへの空の旅でした。

 

到着後、入国してHeathrow Expressで市内へ向かいます。

入国は、日本人もe-gateを使用可能となったことでスムーズに入国できました。

2019/09/XX QR859 ICN-DOH 77W J

2019年の夏休みは2018年に続いてQRのビジネスでヨーロッパへ行くことに。

前回とは違って欧州内では慌ただしい移動となりました。

 

OZ105便にてソウル仁川到着後、モバイル搭乗券でトランジットの保安検査を通過し、出発階へ。

まずは出発ゲートにあるトランスファーカウンターで搭乗券の発券とトランスファーバゲージの確認を行います。OZ→QRはバゲージはスルーですが、トランスファーされていることが確認できました。仁川のQRでは指定されたトランスファーカウンターはないので、出発ゲートへ向かうことになります。

 

発券後、ラウンジへ。

OWのQRに搭乗しますが、仁川はスターアライアンスの牙城なのでQRの指定ラウンジであるOZラウンジ(West)へ。

f:id:hickory19:20200216114654j:image

 

この後の機内食もあるので、軽くつまみリラックスした時間を過ごしたのちに、再び搭乗ゲートへ戻ります。

 

QR859 ICN-DOH B777-300ER(77W) A7-BAH

Qsuiteではない一般的なB777-300ERです
f:id:hickory19:20200216114633j:image

自席についてウェルカムドリンクに水をもらい、その後メニューが配布されます。


f:id:hickory19:20200216114727j:image
f:id:hickory19:20200216114603j:image

離陸して巡航高度到達後、サービスが開始されます。

午前1時15分発のフライトでこの時点で既に日本時間3時を回っていますので夕食は軽めに済ませて、寝ることに集中します。

 

まずは、白インゲンマメとセロリのスープ。
f:id:hickory19:20200216114641j:image

そして、ベリーラグーのチーズケーキでフィニッシュ。
f:id:hickory19:20200216114611j:image

その後はとっとと寝て、6時間ほど寝ることができました。

ドーハ到着1時間半ほど前に、朝食をいただきます。

まずはパンの盛り合わせと、コールドカットから。
f:id:hickory19:20200216114711j:image

メインはトマトオムレツをいただき、朝食は終わり。
f:id:hickory19:20200216114556j:image

 

毎度のことですが、今回もQRビジネスクラスのフライトは食事・座席空間ともに非常に満足度の高いものとなりました。

今やQsuiteじゃないとという声も聞こえてきますが、B777のだだっ広い座席も割と好きですね。

ここ数年OW内でビジネス乗るならQRというのが定着してきており、メインFFPはCXのMarco Polo ClubでありながらCXはエコ専となっています。

 

ドーハ・ハマド国際空港には定刻5:15のところ、5:07に到着しました。

貨物地区のほど近くの500番スポットに沖止めとなり、ビジネスクラス用のバスでターミナルへ向かいます。

 

 

2019/09/XX-OZ105 NRT-ICN 77L Y

2019年の夏休みは2018年に続いてQRのビジネスでヨーロッパへ行くことに。

前回とは違って欧州内では慌ただしい移動となりました。

 

今回はQRはICN発券にしましたので、まずはICNまでのポジショニングフライトの様子から。

 

仕事を終えて、NRTへ。

OZとQRはアライアンスは異なりますが、インターライン契約を結んでいますので成田で目的地のロンドンまで預け入れ手荷物はスルーでチェックインできました。

保安検査・出国完了後は騒がしく人口密度も高いANAラウンジではなく、UAラウンジでゆっくりしてから搭乗口へ。

到着機材の遅れにより、搭乗口が変更となりました。

f:id:hickory19:20200105210059j:image

 

OZ105 NRT-ICN B777-200LR(HL7732)

どうやら、スターアライアンス塗装機のようです。
f:id:hickory19:20200105210036p:image
今回の機内食は事前にSFML(Seafood Meal)をオーダーしました。

成田-ソウルという短距離路線の機内食にしては十分なボリュームだし、満足です。
f:id:hickory19:20200105210049j:image

 

結局到着での遅れを取り戻すことはできず、ソウル仁川には定刻22:05のところ、22:31に到着しました。

到着後ここからQRトランスファーしますが、まずは搭乗券を入手しに出発ゲートへ向かいます。QRの場合にはICNにはトランスファーデスクは出発ゲートとなります。

出発階に上がるのに保安検査と搭乗券が必要ですが、既にオンラインチェックインを済ませていますのでwalletに登録したモバイル搭乗券で通過します。

2019/08/XX-Intercontinental Beppu Resort & Spa club intercontinental twin

2019年8月に別府に新たなインターコンチネンタルホテルがオープン。オープン1週目にインターコンチネンタル・アンバサダー会員の週末無料券を使用して2泊滞在しました。

だいぶ時間が経ってしまっていますが、ここに書き残しておきたいと思います。

 

別府へは飛行機で別府空港到着後バスで別府駅へ。

駅からはタクシーを使用する予定でしたが、直前にホテルのシャトルバスの運行があるとの情報を入手したため、事前にホテルに連絡の上バスでホテルへ。

f:id:hickory19:20200104232420j:plain

電話した時になかなか電話に出ない+メールの返信が帰って来ずのコンボであまり印象は良くなかったですが、人員不足だそうで。

その時間のバスに乗っていたのは私だけでしたので、貸切でした。

f:id:hickory19:20200104214200j:plain

到着後、チェックイン待ちの間にウェルカムドリンクを。

f:id:hickory19:20200104213758j:image
f:id:hickory19:20200104213212j:image
f:id:hickory19:20200104213630j:image

手続き完了後、部屋に向かう前にこの時間はアフタヌーンティーの時間ということでラウンジスタッフに伴われてクラブラウンジへ。f:id:hickory19:20200104213508j:image
f:id:hickory19:20200104214143j:image
f:id:hickory19:20200104214012j:image

その後、部屋へ向かいます。

今回はclub intercontinental twinに宿泊。

本来であれば週末無料券を使用しての滞在なのでアップグレード保証の対象ですが、この部屋はT/C上アップグレード対象外ですので、予約通りの部屋となりました。f:id:hickory19:20200104214409j:image
f:id:hickory19:20200104214441j:image
数字上68㎡の部屋ですので、十分なゆとりがあります
f:id:hickory19:20200104213808j:image
f:id:hickory19:20200104213832j:image

club intercontinentalよりランクが上の部屋には部屋に露天風呂が併設されています
f:id:hickory19:20200104214101j:image

ベランダからの一帯の景色
f:id:hickory19:20200104214452j:image
f:id:hickory19:20200104213821j:image
f:id:hickory19:20200104213534j:image
f:id:hickory19:20200104213445j:image

変わって、プールサイドの様子
f:id:hickory19:20200104213914j:image

ラウンジにてイブニングカクテルの時間に提供されるカナッペ。

その後、館内のレストランで夕食をいただきました
f:id:hickory19:20200104214359j:image

ベランダからの別府市内を見渡す。
f:id:hickory19:20200104213604j:image
f:id:hickory19:20200104213203j:image
夜になると、だいぶいい雰囲気が醸し出されます@部屋の露天風呂
f:id:hickory19:20200104214332j:image

 

かわって翌朝ですが、ホテルに設置されている大浴場および露天風呂の様子。
f:id:hickory19:20200104213259j:image
f:id:hickory19:20200104214000j:image
f:id:hickory19:20200104214348j:image
f:id:hickory19:20200104214256j:image
f:id:hickory19:20200104213700j:image
f:id:hickory19:20200104213400j:image
f:id:hickory19:20200104214131j:image
f:id:hickory19:20200104213547j:image

かつて毎月のように温泉巡りをしていた者にすれば、入浴前に温泉成分の確認・分析は欠かせません。

入浴後、ラウンジで洋朝食をいただきました
f:id:hickory19:20200104214114j:image

早朝の部屋からの様子。
f:id:hickory19:20200104214212j:image

変わって、アフタヌーンティーの時間。

カモミールとともに。
f:id:hickory19:20200104214051j:image
f:id:hickory19:20200104213853j:image
館内の様子。
f:id:hickory19:20200104213646j:image

今回はこちらの部屋に2日間滞在しました。
f:id:hickory19:20200104214228j:image

2日目のイブニングカクテルの様子。
f:id:hickory19:20200104213728j:image
f:id:hickory19:20200104214430j:image

3日目の朝。
f:id:hickory19:20200104213905j:image
f:id:hickory19:20200104214030j:image

最後の朝は、和朝食とオムレツで。
f:id:hickory19:20200104213520j:image

この日は食事を取ってから、朝風呂へ。
f:id:hickory19:20200104213238j:image
f:id:hickory19:20200104213844j:image
f:id:hickory19:20200104213415j:image
f:id:hickory19:20200104213435j:image
f:id:hickory19:20200104213457j:image
f:id:hickory19:20200104214044j:image
f:id:hickory19:20200104213310j:image
f:id:hickory19:20200104213230j:image
f:id:hickory19:20200104213330j:image
f:id:hickory19:20200104213248j:image
f:id:hickory19:20200104214607j:image
f:id:hickory19:20200104213346j:image
f:id:hickory19:20200104213947j:image
チェックアウトまで少し時間がありますので、部屋でゆっくりと。
f:id:hickory19:20200104213933j:image

館内のレストランで軽くお昼のしてから、チェックアウトします
f:id:hickory19:20200104214221j:image

総じて、滞在は良いものとなったかと思います。

ソフト面ではスタッフの質の問題はあったものの、ハード面は十分に満足できるようなものでした。

ただし、その評価を下すに当たってこのホテルに泊まるのであればクラブ以上の部屋に宿泊することが前提条件としてつくでしょうけど。

そうでな買ったり、別府観光により重点を置くのであればもっと他のホテルになるかと。中心部からは離れてるし、その往復でもそれなりに時間はかかりますからね。

また機会があれば、しばらくして泊まりにきたいと思います。
f:id:hickory19:20200104213738j:image

チェックアウト後、帰りは時間が合わなかったのでタクシーで別府駅へ。

この後北九州に用事があったので、特急で小倉へ向かいました。

2019/05/XX-CX450 TPE-NRT B773Z Y

前便にて香港から台北到着後、一旦ラウンジへ。

この旅最後はCX450便にて成田へのフライトです。

台北までのフライトが遅延したため滞在時間が少なくなりましたが、乗り継ぎに2時間半を事前に確保していたので問題なし。

 

CX450 TPE-NRT B777-300(B773Z/B-HNF)

f:id:hickory19:20200103160755j:image

機内食はVegetarian Lacto-Ovo meal(VLML)を事前にオーダーしておきました。

なかなか当たりでしたので、気に入りました。

特にCXの場合には一般の機内食よりもスペシャルミールの方が当たりであることが多いですね。
f:id:hickory19:20200103160804j:image

 

成田には定刻17:20のところ早着して16:45に到着しました。

これにて、2019年GWのヨーロッパ旅行は終了となりました。
f:id:hickory19:20200103160816p:image

2019/05/XX-CX530 HKG-TPE 35G Y

2020年、明けましておめでとうございます。

今年も個人的な備忘録として、私の旅行記録をこのブログを通じて残していきたいと思います。

とはいいながら、まだ昨年5月の旅行のことを書いているわけですが。

 

ということで、昨年GWのヨーロッパ旅行の復路、香港-台北間のフライトの様子です。

残りは香港から日本へ帰るだけですが、クラブポイントの都合上台北経由かつ別便で行くことに。

アジア圏内で同じことをするのとは訳が違って、ヨーロッパからの戻りでそれをしようと思うと体力的にはハードルは上がりますが。

 

チューリッヒからの前便が早着したので、ゆとりを持ってラウンジでシャワーを浴びて朝食を取ってからゲートへ向かいます。

f:id:hickory19:20200102164533j:image

台北まではA350-900で向かいます。

このCX530便は台北経由名古屋行きですが、私は台北で降機して台北で成田行きに乗り継ぎます。

CX530 HKG-TPE A350-900(B-LRC)
f:id:hickory19:20200102164457j:image

しかしながら、私が搭乗後R1エンジンに不具合が見つかり整備作業に入ったため搭乗は中断に。ゆっくり搭乗するつもりだったら、ゲートで待たされる羽目になっていたので、早めに搭乗していてラッキーでした。

これならガラガラの機内でゆっくり待っているだけですから。

その後、整備作業が完了し搭乗が再開されましたが、遅延する間により管制は混雑するわけで、さらに遅延は拡大。


f:id:hickory19:20200102164656j:image
f:id:hickory19:20200102164505j:image

ラウンジで朝食は取りましたので、機内食はパスしてひたすら仮眠しているうちに、台北に到着。

台北の桃園国際空港には定刻10:45のところ、最後まで遅れは取り返せず11:24に到着しました。