ローリーの一人旅記録

航空会社の上級会員ステータスを生かした旅行とか、ホテルとか。

2020/01/XX CX105 HKG-MEL 35J PY

2020年1月のメルボルン旅行の様子。

 

CX105便にて成田から香港到着後、バスにてターミナル到着後出発階へ。

 

chapel-hill.hatenablog.com

 

その後は、時間までthe per loungeへ。

f:id:hickory19:20200725221219j:image

 

時間になったら、搭乗。


f:id:hickory19:20200725221238j:image

 

搭乗機。

CX105 HKG-MEL A350-1000(35J/B-LXH)

f:id:hickory19:20200725221243j:image

 

自席へ。

A350-1000のプレミアム・エコノミーはA350-900と同様で、シートピッチ40インチ、幅20インチと十分のゆとりという感じ。

横2-4-2のシートが4列で、合計32席。


f:id:hickory19:20200725221234j:image

 

席には既にアメニティキットがプリセットさせていました。

このフライトはほぼどのクラスも満席でした。

f:id:hickory19:20200726165700j:plain

 

今回のフライトのメニュー。

f:id:hickory19:20200726165901j:plain

 

離陸し巡航高度到着後、夕食のサービスが開始。

とは言っても、日本時間02:00AMなので少しハードですが。

オージービーフを選択しました。

CXの長距離フライトにおけるプレミアム・エコノミークラスでは、1食目のメインがビジネスクラスのものとなります。

f:id:hickory19:20200725221249j:image

 

食事が終わってから、Movenpickのアイスクリーム。


f:id:hickory19:20200725221225j:image

 

4時間ほど寝て、到着前の朝食は点心を選択。

点心が選択肢にある限り、長距離フライトの朝食はこれ1択という感じ。人気も高いのでよく品切れになりますが、今回は問題なく。


f:id:hickory19:20200725221214j:image

 

メルボルンタラマリン空港には定刻12:10のところ、12:21に到着しました。


f:id:hickory19:20200725221229j:image

 

入国後、市内へスカイバスで向かいます。

2020/01/XX CX521 NRT-HKG 35G PY

Cathay Pacific Marco Polo Club Flyerとして、毎年誕生日にはフライトしているが、今年も決行。

 

chapel-hill.hatenablog.com

chapel-hill.hatenablog.com

chapel-hill.hatenablog.com

chapel-hill.hatenablog.com

chapel-hill.hatenablog.com

 

今回はアジアマイルを使用した特典で、初めて誕生日に長距離フライトをねじ込んでみました。復路は誕生日当日で、YからJへのアップグレードを狙う形。

 

旅程はこんな感じ。

Day-1 NRT-HKG CX521 16:45-21:05 Premium Economy

Day-2 HKG-MEL CX105 0:05-12:10 Premium Economy

Day-5 MEL-HKG CX178 01:05-07:00 Economy

           HKG-NRT CX520 10:30-15:35 Economy

 

まずは、NRTからHKGへのフライトの様子。

今回搭乗するCX521便は80番台ゲートがアサインされておりサテライト側なので、QF loungeで少し搭乗前にまったりと。

 

f:id:hickory19:20200719155124j:image

 

それでは、搭乗。

CX521 A350-900(B-LRB)


f:id:hickory19:20200719155156j:image

 

自席に着席。


f:id:hickory19:20200719155116j:image

 

バルクヘッドに位置取ります。

CXのPYでは、可能な限り1列目を確保するようにしています。

f:id:hickory19:20200719155120j:image

 

周りはこの程度の搭乗率。


f:id:hickory19:20200719155132j:image

 

ちょうど日没の時間。


f:id:hickory19:20200719155141j:image

 

巡航高度到達後、夕食が提供されます。


f:id:hickory19:20200719155200j:image

 

夕食が終わる頃に、例によってハーゲンダッツ

朝食便以外では、基本的に提供されます。

その便で搭載されるフレーバーは基本的には1種類ですが、今回はストロベリーでした。


f:id:hickory19:20200719155152j:image

 

順調なフライトであり、香港国際空港には定刻21:05のところ20:57に到着しました。

この便はA350での運航でしたが、S104スポットに沖留めでバス移送されました。

とはいえ、ターミナルの端のゲートに到着するよりはこちらの方が早くtransit security checkpointに到着できることが多いです。


f:id:hickory19:20200719155137j:image

 

次回は香港からメルボルンのフライトの様子です。

2019/09/XX OZ102 ICN-NRT A333 Y

2019年9月の欧州旅行、最後のフライト。
1週間半の旅行もこれで終了。

 

前日に宿泊したカプセルホテルをチェックアウトし、第一ターミナルへ。

 

chapel-hill.hatenablog.com

 

チェックイン。

f:id:hickory19:20200530081534j:image

自動ゲートより出国後、OZラウンジで軽く朝食をとって搭乗時間を待ちます。

 

OZ102 A330-300(HL7793)
f:id:hickory19:20200530081538j:image

それでは、日本へ戻ります。

搭乗率は8割といったところ。


f:id:hickory19:20200530081541j:image

自席へ。


f:id:hickory19:20200530081526j:image

 

往路と同様、この便でもスペシャルミールを事前にウェブサイトよりオーダー。VOML(Vegetarian Oriental Meal)にしました。
周りを見る限り、通常の機内食よりは満足度は高くポーションも多い印象。

https://twitter.com/durham9190/status/1177778249885081600?s=20

https://twitter.com/durham9190/status/1177778249885081600?s=20
f:id:hickory19:20200530081530j:image

 

成田空港には定刻11:20のところ、ICN出発ギリギリにnoshowのPAXがいたためbaggageのoffloadに時間を要し、11:40に到着しました

2019/09/XX QR858 DOH-ICN B77W J

前便にてパリからドーハへ到着後、乗り継ぎ時間が10時間近くあるので一旦入国します。

 

chapel-hill.hatenablog.com

 

とりあえず入国。

f:id:hickory19:20200524133949j:image
f:id:hickory19:20200524133927j:image

 

Arrival Loungeへ。


f:id:hickory19:20200524133755j:image
f:id:hickory19:20200524133814j:image
f:id:hickory19:20200524133808j:image
f:id:hickory19:20200524134013j:image
f:id:hickory19:20200524133935j:image

 

空港を出て、ドーハ市内へ。

仕事でも、プライベートでも何度も来ているので慣れたものです。

 

再び空港へ。
f:id:hickory19:20200524133800j:image

 

Al Mourjan loungeへ。

軽く夕食を。
f:id:hickory19:20200524133957j:image
f:id:hickory19:20200524134005j:image

 

 

それでは、搭乗。

QR858 DOH-ICN B777-300ER(A7-BAS)


f:id:hickory19:20200524133804j:image
f:id:hickory19:20200524133932j:image

 

メニュー。


f:id:hickory19:20200524134010j:image

 

深夜2時発のフライトで眠いので夜は軽く食べて、さっさと寝ます。

 

スープから。
f:id:hickory19:20200524133817j:image

 

ラズベリークランブル。


f:id:hickory19:20200524133939j:image

 

食後のコーヒーとプラリネ。
f:id:hickory19:20200524134320j:image

 

さて5時間ほどゆっくり寝て、昼食。
f:id:hickory19:20200524134001j:image

 

食事を終えたら、到着まで1時間ほど。
f:id:hickory19:20200524134017p:image

 

ソウル仁川には定刻16:55のところ、16:39に到着しました。
f:id:hickory19:20200524134027j:image

 

この日は空港内のカプセルホテルに宿泊するので、入国。

入国後して手荷物を受け取って、この日の宿である第1ターミナルのDarakhyuへ。

1泊5000円ほどなので、悪くないですね。
f:id:hickory19:20200524134023j:image

 

4.3m2ほどですが、成田のカプセルホテル(ナインアワーズ)と比べれば、至極快適です。

鍵もかかるし。
f:id:hickory19:20200524133944j:image

 

この日の夕食は、名家の庭でビビンバを。
f:id:hickory19:20200524133954j:image

 

翌日は朝のフライトなので、さっさと寝ます。

2019/09/XX QR042 CDG-DOH A388 J

前日は空港近くにホテルに宿泊。

 

chapel-hill.hatenablog.com

 

この日は帰国の途につきます。

まずはDOHまで。

カタール航空はCDGではTerminal 2Aを使用。

チェックイン後、自社のpremium loungeへ。

ここには初めてきました。

f:id:hickory19:20200523161940j:image
f:id:hickory19:20200523162743j:image
f:id:hickory19:20200523161931j:image
f:id:hickory19:20200523161950j:image
f:id:hickory19:20200523161918j:image


軽く朝食をいただくことに。


f:id:hickory19:20200523161927j:image
f:id:hickory19:20200523161846j:image
f:id:hickory19:20200523161922j:image

 

それでは搭乗。

QR042 CDG-DOH A380-800(A7-APJ)

ビジネスクラスですので、ファーストクラスとともにアッパーデッキに直接接続する隣のゲートから搭乗。


f:id:hickory19:20200523161935j:image

 

窓側の自席へ。

往路同様A380ですのでqsuiteではありませんが、B777のだだっ広いシートよりはこちらの方が好きですね。


f:id:hickory19:20200523161855j:image

 

メニュー。


f:id:hickory19:20200523161900j:image

 

この便では食事は軽く。

例によって、パンの盛り合わせ。
f:id:hickory19:20200523161851j:image

 

そして、コールドカットを。

朝が4時起きですので、眠い。


f:id:hickory19:20200523161904j:image

 

一眠りしてから、onboard barで軽くドリンクとスイーツを。


f:id:hickory19:20200523161945j:image


f:id:hickory19:20200523161842j:image

 

ドーハには、定刻16:20のところ、15:56に到着し30分近くの早着となりました。

 

次の便まで10時間近くありますので、一旦カタールへ入国します。

2019/09/XX Ibis Paris CDG Airport twin room

ストックホルムからパリに到着後、翌朝のフライトに備えて空港にほど近いホテルへ向かい1泊します。

 

chapel-hill.hatenablog.com

 T1に到着したので、手荷物受け取り後CDGVALシャトルでホテルへ。

19:30頃到着しましたが、accorの会員のチェックイン列でさえ非常に混雑しており、15分ほど待たされその時点で既に疲弊。

まあ、旅行客、特に大陸の団体が多いし時間的にも混む時間なので少し理解はしますが。

 

この日の部屋。

寝るだけなので、特に問題ありません。Ibisというよりかは、Ibis Budgetと言われた方がしっくりくるような簡素さ・狭さですが。

f:id:hickory19:20200517133221j:image

 

accorゴールド会員としてウェルカムドリンクをもらい、ロビー近くのバーでジンジャーエールを。

またIbis business会員としてホテル内レストランが10%であるほか、EURを少し余らせていたのでそれを消費することも兼ねてロビー内のレストランで遅めの夕食をいただくことに。

機内食を食べているので、軽くという感じですが。
f:id:hickory19:20200517133225j:image

 

翌朝は4時には起きて、帰国の途へつきます。

 

 

2019/09/XX SK579 ARN-CDG B738 Y

2019年9月のヨーロッパ旅行の様子。

 

chapel-hill.hatenablog.com

 


ストックホルムを離れて、パリへ向かいます。

f:id:hickory19:20200516131237j:image

 

それでは、搭乗。

SK579 ARN-CDG B737-800(LN-RGF)


f:id:hickory19:20200516131230j:image


f:id:hickory19:20200516131241j:image

 

パリに着いたら19:00前で、ターミナルにはろくに食べるところもないので機内食で夕食とすることに。事前に夕食を注文しておきました。

この便においても、半数近くのPAXが何かしら注文していた。

f:id:hickory19:20200516131245j:image

 

特筆することもなく、平和な2時間10分ほどのフライト。

パリCDGには定刻18:40のところ、18:56に到着しました。

 

パリでは今回は市内には向かわず、空港すぐ近くのホテルに宿泊して、翌朝のフライトに備えます。